外反母趾|インナーマッスルを鍛えて外反母趾を改善しよう

外反母趾の治療のためのインナーマッスルの鍛え方は、まず椅子に座り足を両肩程度の幅に開きます。
そして、足指を広げましょう。
足の指でパーをするような感覚です。
頑張り過ぎて力を入れすぎると、足がつってしまいます。
そのようなことになっては、せっかくの外反母趾の治療が台無しで、逆に足にいらぬ損傷を負わしてしまうこととなりかねませんので、充分に期をつけてやりましょう。
また、これまでの足のマッサージとは違い手を使うことがありません。
なので、両足を同時にストレッチすることが出来るのですが、両足を同時にするとどうしてもその動作は雑になってしまいます。
雑になってしまえば効果も減少してしまいますので、多少時間はかかっても片足ずつパーの運動をするのが良いでしょう。