外反母趾|足の筋肉を鍛えて、外反母趾を改善しよう―ストレッチ

外反母趾の治療には、足の内側の筋肉を鍛えることも大切です。
内側の筋肉とは、インナーマッスルと呼ばれるものです。
インナーマッスルはただ単に足裏の内側の筋肉として存在しいるのではなく、足の外側の筋肉の補助をしたり体全体の姿勢の調節を行ったりする筋肉なのです。
そんなインナーマッスルを鍛えることで、足は安定し動きが楽になり外反母趾の治療にも役立ってくるのです。
インナーマッスルはもともと弱い筋力ですので、その分故障しやすい場所でもあります。
時間をかけてゆっくり強化することが、インナーマッスルを鍛えるコツといえるでしょう。
そして、インナーマッスルは外反母趾の症状が良くなっても週に二度程度は続けていくことが効果的になります。